神待ち女性には図々しいのも多い?見分け方や対処法とは?

神待ち掲示板に出入りしている女性らには、「すれている」者も少なくありません。男を見下すような態度を取ったり、またそれを顔や口に出したり、セックスの際に手を抜いたり。そういう女性がいることも事実なのです。なぜ、お金をもらう側でありながら、そのような態度を取るのか。それはおそらく、黙っていても買い手がつくという状況に起因するものだと思われます。

たとえば、女性にモテる男性がいたとしましょう。あなたがそういう男性になったとしましょう。黙っていても女が寄ってくる、好きなことをさせてくれる。そうすると自然と、それらの女性を見下すような気持ちになってくるのではないでしょうか。人は、あることが当たり前になりすぎると、そのことへの感謝の気持ちを忘れてしまいがちになるものなのです。

アルバイトでもそうですよね。私も学生時代にいくつものアルバイトを経験しましたが、コンビニでも古本屋でも、自分の給料を払ってくれているはずのお客様のしぐさや言動にいちいち腹を立て、愚痴を言ったり、時にはそのことをあからさまに態度に出したりする人は必ずいたものです。私も、態度にこそ出しませんが、やはりお客様への感謝を忘れて、小さなことに腹を立てていたことは否めません。そのお客さんがいなければ、私は生活ができなかったというのに。

とりわけ、援助交際ともなれば、女性の抱く「私が〝与えている〟」という図々しい感覚は、普通のアルバイトなどよりもずっと強強度であることでしょう。援交をしている=お金を払わないとセックスができない、と考えてしまうのは仕方のないことです。アタシはそのモテないくんに体を提供してやっているんだ、そのような考えを抱き、家出期間が長引くにつれ、それを頑強にしていく女性は多いのでしょう。だからこそ、援交をしている女性の中には、なぜか態度のでかい、自分の立場を理解していない人も多いんですね。

風俗嬢にも同じようなのはごまんといますけれど、援交目当ての女性にもそういうのは少なくないのです。自分のやっていることを特別嫌だとは思っていないため、「だったら辞めれば?」と言ってもあまり効果がないのが彼女らの特徴と言えるでしょう。

図々しい子だとどうなる?

しかし風俗嬢の場合は、自分が適当なことをすれば、それは店全体の評価に直結します。クレームが来れば怒られるかもしれませんし、客を見下してはいてもそれを表には出さない女性も多いでしょう。個人的に援交をして稼いでいる女性というのは、組織に属さないため、好き勝手なことができます。その男性に嫌われても、また別の男性と会えばいいだけ。上司に怒られるとか、罰金を取られるとか、そういう心配をする必要もないわけですね。

では、そのような子ともし会ってしまったら、どのようなことが起こりうるのか。まず、まことに面倒くさいのですが、いざ会ってから金額の交渉をされる可能性があります。メールで話した額よりももうちょっと欲しい、と。そのときにはあたかも貰えて当然であるかのような態度で接してくるでしょう。そしてそれを断ろうものなら、あからさまにふてくされた表情をする。

男性はその顔を見て「あ、このままだとやる気をなくしそうだ」と考えて、援助額の上乗せをしぶしぶ承諾する。もしかしたらセックスが楽しくなくなるかもしれない、という男性の不安を煽るような仕方で、金額交渉をしてくるのです。それに加えて、たとえ上乗せをしたとしても、きちんとプレイをしてくれるかどうかは疑問です。フェラをするのはいやだとか、手で直に触るのはいやだとか、そういったことを言ってくる可能性もありますし、やらせてみても全然やる気がなく、気持ちよくない。指示を飛ばそうものなら嫌そうな顔をして、本番中に携帯電話をいじりだす、なんてこともあるかもしれませんよ。

そのときには男性はプレイに臨んでしまっているので、文句は言えないのです。だから腹を立てつつも、セックスを続けるしかないんですね。このような女性と当たったことのある男性は、たぶん数え切れないほどいると思います。

どうやって見分けるか?

そのような態度のでかい子は、掲示板の書き込みやメールの文章からある程度判別可能です。男性を見下している女性は、男性とやりとりするときに、やはりそのような感情を抱いてしまうのでしょう、かなりそっけないメールを送ってきます。ほとんど一文だけの、連絡事項を伝えるためだけになされるようなメールを送ってくる女性、絵文字等も一切使っておらず、しかも敬語を使うことすらしないような女性、こういうのには関わらないほうがよいでしょう。

特に、そっけなくて、敬語を使わないという女性には注意です。明るくてフレンドリーな女性がタメ口をきいてくるのであれば良いですが、メール内容がそっけなくて、敬語も使っていない場合、ただ話すのが面倒でそうしているだけであり、かつ年上の男性、自分を援助してくれる男性にも敬意を払っていないことが確定します。絶対に会わないほうがよいでしょう。

その他、ちょっとでも怪しいなと思ったら、相手はほかにいくらでも見つかるのですから、この人となら会ってもよさそうだと思える相手が見つかるまで、粘り強く相手を探していったほうがいいですね。

もし遭遇してしまったら

では、もしそのような図々しい女性にめぐりあってしまったら、どうすればよいのでしょうか。それは実に簡単なことです。料金の支払いは後にさせてもらい、そして相手が特定のプレイを嫌がったり手を抜いたりした場合には、「お金要らないってことでいいのかな?」と言うのです。毅然とした態度で接し、気に食わなければ気に食わないとはっきり伝えましょう。彼女らにとってはお金が第一。やはり男性のほうから強く言われると、逆らうことはできません。

しかし気性の荒い女は、そこでさっさと帰ってしまうかもしれません。そういうときのために、別の子をキープとして用意しておくか、あるいは金はやらんという本心はかくして、セックスを最後まで終えてしまってもよいでしょう。そうして終わったあとに「ん? あげるわけないじゃん」と言えばいいのです。

援助交際は、相手にそれを持ちかけるだけで犯罪。報酬をもらえなかったからと警察に駆け込んでも、逮捕されるのは自分です。また、一緒にラブホテルに入った時点で、セックスすることに同意があったことは明白。レイプされたなどという言い分も通用しないので安心してください。

もし彼女が謝ってきたら、そのときは二回戦を心行くまで楽しませていただき、約束通り報酬を支払いましょう。